リッパート駐韓大使襲撃事件

リッパート駐韓大使襲撃事件とは2015年3月5日に韓国ソウルで暴漢がアメリカ合衆国の駐韓国大使を刺傷した事件。

3月5日午前7時40分ごろソウルにある「世宗文化会館」での朝食会の席で
駐韓大使のマーク・リッパートが刃物をもった韓国人男に襲撃され右あごの上に約11cm、
深さ約3cmの傷と左腕を貫通する重症を負った。大使はスピーチをする直前だったと言う。
大使はオバマ大統領が上院議員の頃からの側近とされ、昨年、駐韓大使に任命されていた。
右の頬骨の下からあごと首にかけての傷は頸動脈の1−2センチ手前までとどいており
命を失う危険があった、手当てには80針が縫われたという。
また、指につながる靱帯と筋2カ所を損傷したほか腕から
小指に向かう尺骨神経の感覚神経も切断した重症であったとされ後遺症が心配されている。
襲撃犯は『ウリマダン独島守護』の代表キム・ギジョン(金基宗)とされ
2010年7月当時、日本の駐韓国大使の重家俊範に投石し、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けていた人物とされる。
犯行後、周囲からうつ伏せに取り押さえられた際にも
「独島(竹島)は韓国領土」「米軍のやつらはなぜこの地で戦争訓練をするのか」
「あのとき(日本大使襲撃事件)はテロではなかった。今回はテロだ」などと大声で叫んでいたと言う。
この大使襲撃事件後、多くの市民たちが大使の回復を願う行動をするが
過剰すぎるお見舞いや反テロデモによりお祭りまがいのものになった感がある。
さすがの韓国でも「やり過ぎではないか」という意見も出てきている。

米大使襲撃事件後の韓国

リッパート駐韓米国大使が刃物で襲われて重傷を負った事件からまる1週間が経った。
韓国では日本をはじめとした各国大使らへの警備が強化されているが
ソウルでは大使への謝罪と支援を表明するデモや舞踊公演、
市民や国会議員らによる病院へのお見舞いなどが相次ぎ
「安静にさせてあげたほうがいい」「騒ぎすぎでは・・・」との声も聞こえてくる。

朝食を兼ねた講演の場の近くにいた目撃者の話によると
大使はアワビ粥を口にしようとしたところを襲われたという。
韓国の首都のど真ん中で「民族の英雄」気取りの男が起こした凶行に
韓国外務省をはじめ当局は「大変どころではない対応」に追われた。
この大使襲撃事件後、多くの市民たちが大使の回復を願う行動をするが
過剰すぎるお見舞いや反テロデモによりお祭りまがいのものになった感がある。
さすがの韓国でも「やり過ぎではないか」という意見も出てきている。

おすすめアンテナサイト

はぴやく

海外の反応をまとめたブログやニュースを翻訳して紹介しているブログの更新情報を発信しています。

登録さているブログも多く、様々なジャンルの情報を手に入れることができます。

はぴあじ

アジア・保守系のブログを紹介しているアンテナサイトです。

今最も多くの人が注目しているニュースなど様々なランキング形式で紹介しているので最新のトレンドネタを手に入れれるアンテナサイトです。

はぴきち

2ちゃんねるの恋愛・結婚・日常に関する話題をまとめているブログを紹介するアンテナサイトです。

恋愛の悩みから日常であったありえないような話まで、みんなのいろいろな話題を知ることができるアンテナサイトです。

はぴおた

アプリゲームの話題・攻略情報やアニメニュースなどゲーム・アニメを中心に紹介しているアンテナサイトです。

知りたいアプリゲームの情報やアニメの最新情報はここでチェック!

はぴすぽ

アイドル情報を中心に芸能・スポーツ関連を紹介しているアンテナサイトです。

気になるアイドルの情報や野球・サッカーなどのスポーツ情報までこのサイトですぐに手に入ります。

はぴにゅ

ニュース・政治・ゲーム・アニメ・海外の反応などすべてのジャンルを紹介する総合アンテナサイトです。

このアンテナサイト一つで全ての情報が手に入ります。